メールマガジン登録 > バックナンバー一覧 >  3ステップで作る!簡単キャッチコピーの作り方

3ステップで作る!簡単キャッチコピーの作り方

2009年10月8日


こんにちは。グリーゼの ふくだたみこ です。

前回は、サッカー選手の中村俊輔さんが書いた
 『察知力』という本を取り上げながら、
ターゲット別のキャッチコピーをたくさんご覧いただきました。

■センスがない人のためのキャッチコピー講座
http://gliese.co.jp/backno/022.html


皆さんは、どのキャッチコピーが響きましたか?

弊社代表のこみやまは

> 「なぜ中村俊輔がレギュラーから外されたのか?」

> ↑この本読みたいです(笑)

と、すぐに反応してくれました(内輪受けですね(笑))。



今日は、ふくだたみこオススメのキャッチコピーの作り方を

 「3ステップで作る 簡単キャッチコピーの作り方」

と題してお届けします。


さあ、まずはSTEP1からですよ。



────────────────────────
STEP1:取材する
────────────────────────

9月に、大阪府枚方市にて
 「センスがない人のためのキャッチコピー講座」の講師を
務めました。

その際に感じたのは、皆さん

 「自分の持っている情報だけで、キャッチコピーを作ろうとしている」

ということ。

 「自分の商材なんだから当たり前じゃ」とおっしゃるかもしれませんが
キャッチコピーを見て、商品の買う買わないを判断するのは、お客様。

お客様の視点が入っていないと、
いいキャッチコピーは作れないと思うんですよね。


ということで、STEP1は、商品に対する取材を行う工程です。

キャッチコピーを作りたい商品なり、サービスなりを真ん中に置いて
いろんな角度から取材をします。

商品の特徴、弱点、売り方のコツなどを
営業担当、開発担当、デザイン担当、仕入れ担当、接客担当など
いろんな方に聞くといいかもしれません。

 「ヒアリングができないよ」という方は、5W2Hのシートを作ってください。
ひとりでも、いろんな角度から商品を見ることができます。

例えば、「食器洗い乾燥機」の商品ページを作る時に
ひとりで考えると

---------------------------------------
WHO?(だれ):主婦
---------------------------------------
WHY?(なぜ):手洗いが面倒だから
---------------------------------------
*実際には、5W2Hの全項目書き出します


しか浮かびませんが、


 「5W2Hのシートを作って考える」という作業を行うことによって

--------------------------------------------------------------
WHO(だれ):主婦、ひとり暮らし女性、単身赴任の男性
 シニアのご夫婦、ママの帰りが遅い子ども
--------------------------------------------------------------
WHY(なぜ):手洗いが面倒だから、節約、省エネ
 安全性、家事効率化
--------------------------------------------------------------

と、たくさんのターゲットや使用目的が浮かんできます。

もしよかったら、実際に、どこかのメーカーの
食器洗い乾燥機のページを見ながら、以下を埋めてみてくださいね。

--------------------------------------------------------------
WHAT  (なに)    :ここは「食器洗い乾燥機」ですね
WHO   (だれ)    :
WHERE  (どこ)    :
WHY   (なぜ)    :
WHEN  (いつ)    :
HOW   (どのように) :
HOW MUCH(いくら)   :
--------------------------------------------------------------


★「STEP1:取材する」のポイントは
「たくさんの情報を集めておくこと」です。

「つまらないから書かなくてもいいのでは?」と思ったものでも、
 後で、意外と役に立つこともあるんですよ。
 全部、書き留めてくださいね。



────────────────────────
STEP2:キャッチコピーを作る
────────────────────────

 「キャッチコピーが浮かばないかな~」と空を眺めていても
キャッチコピーは、降ってきませんよね。

手を動かしてください。

何もないところで考えるのは、苦痛だと思いますので
発想するための「軸」を持つのがお勧めです。

例えば、

・数字を入れてみる

・問いかけてみる

・会話を入れてみる(しゃべってみる)

などが、発想の軸になります。


どういうことかというと、STEP1で洗いだした情報を見ながら

 「数字を入れてみると、どんなキャッチコピーになるかな?」
と考えてみるのです。

 「問いかけてみると、どんなキャッチコピーになるかな?」

 「会話を入れる、しゃべってみると、どんなコピーができるかな?」

と、発想を広げてみてください。


数値を入れてみると・・・

--------------------------------------------------------------
小さいボディで4人分!32分でピッカピカ
--------------------------------------------------------------
幅43×奥行き31 食器かごスペースにそのままフィット
--------------------------------------------------------------
1回たった32円。あなたに45分のゆとりをプレゼント
--------------------------------------------------------------

という感じです。

数値を入れると、グッと具体的になってきますでしょ。


 「問いかけてみる」という軸を使うと

--------------------------------------------------------------
まだ、汚れたスポンジで洗っていますか?
--------------------------------------------------------------
食器洗いの時間×3回 合計で何分かかっていますか?
--------------------------------------------------------------
業界初!6方向ジェットノズル方式を試してみませんか?
--------------------------------------------------------------

という感じです。

はっ!とした方も、いらっしゃるのではないでしょうか?


この調子で、「しゃべってみる、会話を入れてみる」という軸でも
キャッチコピーを作ってみてください。


★上記の3つ軸は、例です。
皆さんなりに、発想しやすい軸を
いくつか持っておくといいと思います。

★「STEP2:キャッチコピーを作る」のポイントは
「できるだけ多くのキャッチコピーを作っておくこと」です。
 次のステップで、厳しい目で選んでいきますので
 キャッチコピーが少ないと、全部ボツになってしまうかもしれませんよ。



────────────────────────────
STEP3:キャッチコピーを選ぶ・ブラッシュアップする
────────────────────────────

たくさんのキャッチコピーができたら、いよいよ1つに絞ります。

絞り込む時のポイントは2つ。

・ターゲットで選ぶ

・ベネフィットで選ぶ


例えば、

--------------------------------------------------------------
コンパクトサイズで、一度に4人分の食器洗浄が可能
--------------------------------------------------------------

というキャッチコピーがあったとします。


いい感じなのですが、これは「万人受け」を狙ったコピーなんですね。

一番使ってほしい人は誰かを考えると
もっと、響くキャッチコピーができると思います。


--------------------------------------------------------------
働く女性の強い味方!4人分同時に洗います
--------------------------------------------------------------
省エネ&ラク家事&手荒れなし おばあちゃんに笑顔をプレゼント
--------------------------------------------------------------

こうなると、ターゲットが明確に見えてきませんか?


もうひとつは、「ベネフィットで選ぶ」ですよね。

--------------------------------------------------------------
コンパクトサイズで、一度に4人分の食器洗浄が可能
--------------------------------------------------------------

これは、ただ単に、機能を説明しているだけなんです。

ベネフィット(ユーザーにとってどんないいことが起こるのか)で
見直すと、こうなります。

--------------------------------------------------------------
並べる3分で家事終了!自由時間を20分確保
--------------------------------------------------------------
食器かごスペースで十分!4人分の食器洗いを手伝います
--------------------------------------------------------------


いかがでしょうか?

このように、3ステップでキャッチコピーを作ると
たくさんのキャッチコピーと出会えます。
そして、最高のキャッチコピーを選ぶことができると思います。


最後に、どのキャッチコピーがいちばん良いのか・・・ですが
それは、お客様に決めていただいてくださいね。

キャッチコピーだけ変えて、転換率、売り上げを検証すれば
迷った時にも、答えが数値ではじき出されます。

数値を見ながら、お客様に最も響くキャッチコピーを
作っていってくださいね。


★「3ステップで作るキャッチコピーの作り方」は
 このメールマガジンだけでは、お伝えしきれません。
 申し訳ありませんが、もっと深く知りたい方は
 ライティングマスターコースでお聞きください。
 http://gliese.jp/gliese/1.1/506/
   

※掲載されている情報・URLは発行時点のものです。

グリーゼ!な日々、登録はこちら



page_top


株式会社グリーゼ